春の公開講座 2018

ウテ・クレーマーさん
in ひびきの村

2018年4月6日(金)
​  9:30〜12:30/14:00〜17:00

申込締切 4月4日(水)17:00まで!!
定員になり次第締め切らせていただきます。

講師 ウテ・クレーマー氏

大人になった今、
あなたは、出逢いましたか?

〜人生の目標にしたい人〜

今年80歳になる記念に、日本へ何かできることをしたい。

ブラジルのコミュニティで活動を続けている
ウテ・クレーマーさんの想いから実現する、

2018年の来日。

もともとドイツ人のウテさんが、ブラジルの貧民街(ファヴェーラ)で
シュタイナー運動を続けてきた背景を耳にした時、

あなたの魂は、熱く震えることでしょう。

これが最後の来日となる可能性が高いです。

​この機会を、「逃したくない!」と思った方は、ぜひお申込みください。


 

 私はひびきの村の理事をしています、北原薫子と申します。

 

 ひびきの村の運営に携わり4年がたった今、私は、
一つの大切なことに思い当たっています。

 

それは、ひびきの村の理事として、

このひびきの村のコミュニティの一人ひとりが、

どう在ることが、本当に良いことなのか、という問いです。

一人ひとりの在り方がコミュニティを作っている。その一人ひとりの在り方が、村に影響を与えている。4年経った今、そのことを深く感じています。

一人ひとり、つまりそれは、私自身の在り方、ともいうことができます。

だから、この問いが、私の中に深く根を下ろしているのです。


 

 4月にブラジルからウテ・クレーマーさんが来日され、
ここひびきの村で、「コミュニティについて」という内容で講演をされます。

 

 恥ずかしながら、私はつい最近まで、ウテさんのことも、モンチ・アズールのことも、知りませんでした。ファベーラと呼ばれる貧民街の一つ「モンチ・アズール」で、ウテさんが子どもたちにシュタイナー教育を施したということも何も知らなかった。

 しかし、まるでマザーテレサのようなウテさんのことを、話に聞いたり、本で読んだりしていくうちに、私の想いと重なったのです。


それはこのようなことからです。
 

「ウテはいつも、モンチ・アズールの仕事に参加する人間一人ひとりの成長ということを言う。
この『自分が育つ』ということは、

まさにモンチ・アズールで働くことの喜びである。
モンチ・アズールの仕事を支える原動力は、

怒りにではなく、愛にある。
資本主義原理に不正をもたらす者を憎むのではなくて、
その不正に苦しむ者を愛することがモンチ・アズールの仕事である。それを仕事とすることで、一人ひとりの参加者は、働きながら、自分をすり減らすのではなくて、自分自身を成長させることができる」

(小貫大輔著・「耳をすまして聞いてごらん」より抜粋)

私はこの文章に胸を打たれました。

 

 不正を憎むのでなくて、苦しむ者を愛すること。それが成長であり、精神をすり減らすことのない仕事となってゆく、ということ。

アントロポゾフィーを学ぶ身でありながら、私は、苦しむ者を愛していただろうか…?

むしろ、人を、自分の好みで、こころのどこかで裁いてはいなかったか…?

 

一人ひとりのこころの在りようが、関係を作る。

関係が、集団のこころの傾きを決める。

ならば、個人のこの問題は、個人の問題ではなく、

社会全体の問題ともいえるのではないか。

このような問いを、あなたも持っていませんか。

私のこころの問題が、社会全体の問題でもあると。

そしてウテさんは、この問題を、ブラジルの貧民街で、実践されました。

愛する、という行為で。

その在り方に魂を揺さぶられた人は、30万人にも及びました。

 

 

ウテさんはいいます。
この行為の根幹に、アントロポゾフィーの哲学があると。

 

アントロポゾフィーを実践として、

ここまでやってのけた人物が、この地球上に他にいるでしょうか。

何が、そこまでウテさんを動かしたのか。その愛は、どこから来たのか。

 

今年80歳を迎えるウテさんの、最後になるかもしれない来日の講演に、

私は、私の中の、この深い問いに、知的な答えではなく、

温かな火が灯ること、私自身に全的な変容がもたらされるのではないか、

ということを、予感せずにはいられません。

ぜひ、あなたも ウテさんに会いに来てください。

 

ウテさんの詳しいことは、こちらをクリックしてご覧ください。
 モンチアズール・ストーリー 
 ウテ・クレーマーのストーリー 

〜4月6日の流れ〜

   9:30〜12:30 講座

 12:30〜お昼休み、ひびきの村特製ランチ付き

 14:00〜17:00 講座

 17:00 解散予定

〜対象〜

​  18歳以上の方(託児プログラムはありません)

 

〜講座参加費(特別ランチ代含む)〜

 ・一般価格    19,440円(税込)

 ・NPO会員特別価格 9,720円(税込)
  (別途3口9,000円以上の会員費がかかります)

​​

〜宿泊費用(素泊まり)〜

 ・一般価格             4,320円

 ・NPO会員特別価格 3,240円

  (個室+自炊用共同キッチン/共同シャワー/共同トイレ等あり)

 

 *シェアハウスの他に個別棟各種あり
  (フロアー貸し、一棟貸しは各建物によってお値段が異なります、
   お問い合わせ下さい)

 *冬季期間10月~5月はプラスして施設暖房費540円/1泊を頂きます

 *NPO会員価格とは、ひびきの村賛助会員で、3口(1口3000円)以上のご寄付を
  下さった方に適用 → ご希望の方は、随時お申し込みを受付いたします

​​
〜お問い合わせ・お申し込み〜

ひびきの村運営事務局

電話 0142-25-6735  メール info☆hibikinomura.org​

(@を☆に変えて送信ください)

​ ☆ひびきの村へのアクセスはこちらをクリックしてください