〜 アントロポゾフィー音楽講座 〜

「聴く」ことの体験

2017年9月7日(木)8日(金)の2日間

​講師:曽根崎 直子

この秋、ひびきの村ミカエルカレッジNAA(Nature, Art, Anthroposophy)

自然と芸術とアントロポゾフィー年間コースでは、​2日間の一般公開講座を行います。みなさま、ふるってご参加ください。

現代は様々な音に溢れています。騒音。電子音。その中にもある自然の音。刺激も潤いも数限りなく多彩です。
そんな中で人は何を聞いているのでしょうか?そして、何を聴いているのでしょうか?

「人間は音楽そのものである」とシュタイナーは著書の中で示しています。
それって、どういう事なのでしょうか?

それを体感するには、「聴く」ことが手助けとなります。
そもそも「聴く」ってどういうことなのでしょうか?
「聴く」ことを通じて、音楽の本質、そして人間の本質の一端に触れることが出来たらと思っています。
上手に歌う事や楽器を演奏出来る事。それだけが音楽ではありません。それは単なる「顕れ」に過ぎません。
誰もが等しく持っている、皆さんの中にある「音楽」に気付くきっかけとなれば幸いです。

誰もが持っている楽器としての身体、石や木などの自然の楽器、ミニシンバルやライアなどの響きの楽器を拠り所にした2日間をご一緒しましょう。

〈講師プロフィール〉
曽根崎直子
ピアノ教師。藤女子大学保育科音楽非常勤講師。
アウディオペーデにて療法的音楽教育者養成コース(基礎・専門)第Ⅳ期卒業。
札幌にてシュタイナーの思想と学びや実践に関わる活動をしている。にじの会会員。
2010年から小学生~大人までの芸術クラスを運営、音楽クラスを担当。

〜ひびきの村ミカエルカレッジNAAコースの流れ〜

カレッジ開講期間の祝日を除く月〜金曜日(今回の場合・木、金曜日)

9:20〜朝の会(ハレルヤオイリュトミー、歌、魂の暦など)

9:35〜講座

12:30〜お昼休み

12:45〜ひびきの村の野菜を使ったハーモニーランチ(有料・任意、お弁当等持込も可能)

14:00〜コミュニティワーク(任意)

15:00 解散予定

〜講座参加費〜

日数(今回の場合2日間)× 6480円(税込NPO会員特別価格)又は9720円(税込一般価格)​

〜宿泊費用〜

素泊まり一泊3240円(税込NPO会員価格)又は素泊まり一泊4320円(税込一般価格)

*個室+自炊用共同キッチン/シャワー/トイレ等

*NPO会員価格とは、ひびきの村賛助会員で、3口(1口3000円)以上のご寄付を下さった方に適用

〜お問い合わせ・お申し込み〜

ひびきの村運営事務局

ホームページお問い合わせフォーム

http://www.hibikinomura.org/index.php…