アントロポゾフィー 一般公開講座

『 転生論 』

2017年10月16日(月)〜

10月20日(金)の5日間

*講座お申込み締め切りは10月11日

講師:上松佑二​

秋の一般公開講座!

ひびきの村ミカエルカレッジNAA(Nature/Art/Anthroposophy)
自然と芸術とアントロポゾフィーコース

~ プログラム内容紹介 ~

ルドルフ・シュタイナーの思想を一般の理解から隔てているのは

その輪廻転生論である。

人間の生涯が様々な地上生を経てきているということは、

 

今日の一般的な学問の理解を越え、

 

関心を宗教的な信仰の領域に追いやってしまう。

しかし、 この輪廻転生論こそ

彼が精神科学と呼ぶアントロポゾフィーの中心思想であり、

彼の宇宙論やワルドルフ教育論、

医学論にとって中心的な背景であり、

この点を避けて通ることはできない。

シュタイナーはむしろ自然科学の理解のために

人類が500年を要したように、

輪廻転生論を含む精神科学が

本当に理解される為には

同じように500年を要すると考えていた。

 

その理解のためには、まだ時間が必要なのである。



(講師 上松 佑二氏より)

〜ひびきの村ミカエルカレッジNAAコースの流れ〜

 

カレッジ開講期間の祝日を除く月〜金曜日

09:20〜朝の会(ハレルヤオイリュトミー、歌、魂の暦など)

09:35〜上記講座(12:30まで)

12:30〜お昼休み、ひびきの村の野菜を使ったハーモニーランチ(有料・受講価格540円・任意、お弁当等持込も可能)
 (水曜日はコミュニティーミーティング、金曜日はお掃除のあとランチ)

14:00〜コミュニティワーク(任意)

15:00 解散予定

〜講座参加費(5日間)〜

・一般価格       48,600円(税込)

・NPO会員特別価格 32,400円(税込)

〜宿泊費用(ひびきの村シェアハウス素泊まり)〜

・一般価格             4,320円/1泊

・NPO会員特別価格 3,240円/1泊

(個室+自炊用共同キッチン/共同シャワー/共同トイレ等あり)

*冬季期間10月〜5月はプラスして施設暖房費540円/泊を頂きます。

*NPO会員価格とは、ひびきの村賛助会員で、3口(1口3000円)以上のご寄付を下さった方に適用
→ご希望の方は、随時お申し込みを受付可能